FC2ブログ

“映画の星座盤”第3回「ゴーストライダー」

一本の作品から広がる映画の世界…。
気がつくと、それは星座の輝き。
映画検定一級の映画相談人が、
星と星を繋げるように、映画と映画を繋げていきます。

ghostrider_poster.jpg

今月、星座をお作りするのはアメリカン・コミックの老舗“マーベル”の人気キャラクターを映画化した「ゴーストライダー」(2007年)。自身がコミックの大ファンであるニコラス・ケイジが気持ち良さそうに地獄のヒーローを演じているこの映画には、映画ファン注目のベテラン俳優が二人、出演しています。

★俳優一家のピーター・フォンダ
まずは、ピーター・フォンダ。父は「荒野の決闘」(1946年)などで知られる名優ヘンリー・フォンダ、姉は二度のアカデミー賞に輝くジェーン・フォンダ、娘は90年代に「アサシン」(1993年)、「ジャッキー・ブラウン」(1997年)などでプチ・ブレイクしたブリジット・フォンダという俳優一家の一員。ピーター自身はデニス・ホッパーと共に主演を務めた「イージー・ライダー」(1969年)で一躍時代の寵児となりました。日本でもインスタント・コーヒーのコマーシャルに登場したり、村上龍監督作「だいじょうぶマイ・フレンド」(1983年)に主演するなどカルト的な人気を誇っていました。

そんなピーターが本作で演じるのは、ニコラス・ケイジを“ゴーストライダー”に仕立て上げる闇の魔王、メフィスト。監督・脚本のマーク・スティーブン・ジョンソンはどうしてもこの役をピーターに演じて貰いたかったそうです。なぜなら、“ゴーストライダー”が駆るバイクはピーターが「イージーライダー」で駆ったバイクをモデルにしているからです。
また、ピーターとジョンソンは魔王メフィストにもう一つ、隠し味を加えています。それはピーターの父、ヘンリーが稀代の悪人を演じたマカロニ・ウエスタンの傑作「ウエスタン」(1968年)へのオマージュです。歳を重ね、父親そっくりになったピーターがロングコート姿で静かに現れるカットは、「ウエスタン」のヘンリーと見事に重なっています。ちなみにピーターが本作に出演した年齢と、ヘンリーが「ウエスタン」に出演した年齢はほぼ同じなのです。

ghostrider_2.jpg

★性格俳優、サム・エリオット
 もう一人は、墓守を演じているサム・エリオット。日本ではあまり知られていませんが、アメリカではカウボーイ、軍人役者としてかなり知られた性格俳優なんです。
 映画デビューは「明日に向って撃て!」(1969年)。映画の冒頭でロバート・レッドフォード演じるサンダンス・キッドにからむギャンブラーの役。ちなみにエリオットはこの映画の主演女優、キャサリン・ロスと結婚しています。ロスが主演したオカルト映画「レガシー」(1979年)での再共演がきっかけで交際がスタートし、1984年に娘の誕生を機会に結婚したそうです。

 エリオットは、「サンキュー・スモーキング」(2006年)でカウボーイ役を、「ハルク」(2003年)、「ワンス・アンド・フォーエバー」(2002年)で軍人役をと、得意の役を演じていますが、何といっても彼の代表作は、頭がい骨が膨張する奇病を患った少年を描いた感動作「マスク」(1984年)と、西部開拓時代にその名を残す“OKコラルの決闘”をオールスターで描いた「トゥームストーン」(1993年)。前者では、主人公に温かく接する暴走族のリーダーを、後者ではカート・ラッセル演じる保安官ワイアット・アープの兄を、人間味たっぷりに好演しています。どちらの作品でもエリオットは、“いざとなったら頼りになる男の中の男”を演じています。このキャラクターはそのまま、「ゴーストライダー」にも受け継がれていて、クライマックス直前に逆境の主人公のためにエリオットが立ち上がるシーンは最高の見せ場になっています。そのあまりのカッコよさを観たら、エリオット主演の“前日譚”を観たくなるに違いありません。
 ちなみにエリオットの最新出演作はオールスター・ファンタジー「ライラの冒険/黄金の羅針盤」(2007年)です。

ghostrider_3.jpg

 そうそう、新旧ゴーストライダーが敵の本拠地に向かうシーンに流れる曲は「(ゴースト)ライダーズ・イン・ザ・スカイ」っていうカントリー&ウエスタンのスタンダードです。1949年にビルボードで連続22週トップ10入りした大ヒット曲で、以後、約60年、様々なアーティストがカヴァーしています。映画では、「ブルース・ブラザース2000」(1989年)の中でブルース・ブラザース・バンドが演奏しています。このシーンは結構、見ものです。だって、本当に空に“ゴーストライダーズ”が登場しちゃうんですから!

 夜空に輝く星のごとく無数にある映画についてのあれこれ。それを星座のように繋げるのが映画の楽しみ。今回、お作りした星座はいかがでしたか?

 それでは、また来月。

映画相談人・小玉大輔(「シネマ倶楽部」2007年9月号)
スポンサーサイト



2007/09/01(土) | 映画の星座盤 | トラックバック(0) | コメント(-)

トラックバック

トラックバックURL
http://cinemanc.blog.fc2.com/tb.php/205-5193bea4
 |  HOME  |