FC2ブログ

“映画の星座盤”第2回「ナイト ミュージアム」「ホリデイ」

一本の作品から広がる映画の世界…。
気がつくと、それは星座の輝き。
映画検定一級の映画相談人が、
星と星を繋げるように、映画映画を繋げていきます。

★今月の1作目は「ナイト ミュージアム」

NightattheMuseum_poster.jpg

 夜の博物館で展示物が動き回るという、観終わった後、『おもちゃのチャチャチャ』(作詞が野坂昭如って知ってます?)を口ずさみたくなる楽しい1作です。

 この映画には注目の出演者が二人います。
 まずは、ミニチュア・ガンマン“ジェレマイア”を演じているオーウェン・ウィルソン
OwenWilson.jpg

 ジャッキー・チェンと共演した「シャンハイ・ナイト」(2000年)シリーズで知られるスターですが、本作では何故かクレジット無しの“サプライズ・ゲスト”として出演。実はウィルソンと本作の主演のベン・スティラーはプライベートでも親友同士で、これまで何度も共演し、息の合ったところを見せてきました。
shangnaiknights_poster.jpg Zoolander_poster.jpg

 その中でお奨めは、スティラーが製作・監督・脚本・主演をこなした「ズーランダー」(2001年)。二人の男性ファッション・モデルがNo.1の座を争う“おバカ”コメディです。劇中で二人が繰り広げる奇妙奇天烈なダンス・バトル(レフェリーはなんと、デヴィッド・ボウイ!)は爆笑必至の名場面です。

 もう一人は博物館の老守衛団のリーダーを演じるディック・ヴァン・ダイク
DickVanDyke.jpg

 ファミリー・ミュージカルの二つの古典、「メリー・ポピンズ」(1964年)と「チキ・チキ・バン・バン」(1968年)で素晴らしい歌と踊りで当時の子供たちを楽しませた、懐かしのスターです。
MaryPoppins_poster.jpg ChittyChittyBangBang_poster.jpg

 今年82歳になるご老体にかかわらず、なんと、本作のエンド・クレジットでは、「メリー・ポピンズ」の1シーンを彷彿とさせるダンスを披露してくれます。往時のヴァン・ダイクを知る人ならこのシーンで嬉しくなること間違いなし。

★2作目は「ホリデイ」

theholiday_poster.jpg

 キャメロン・ディアスジュード・ロウケイト・ウィンスレットジャック・ブラックという4大スターに目がいってしまいますが、この映画、実は助演陣も充実しているのです。

 まずはキャメロンの浮気癖のある彼氏を演じている、エドワード・バーンズ「プライベート・ライアン」(1998年)で印象的な役を演じ、「サウンド・オブ・サンダー」(2004年)で主演を張る一方で、自作自演の映画監督作を5本発表している才人です。その中の1本「彼女は最高」(1996年)には当時売出中だったキャメロンが出演しています。

EdwardBurns.jpg RufusSewell.jpg

 ケイトの元カレを演じたルーファス・シーウェルは、日本の仲代達矢を思わせる強烈な眼力と演劇的な大芝居で史劇を中心に活躍している、イギリス演劇界出身の俳優。最近では「レジェンド・オブ・ゾロ」(2005年)の悪役や「トリスタンとイゾルデ」(2006年)の善玉が印象的でした。でも彼が一番目立ったのはヒース・レジャー主演の「ロック・ユー!」(2001年)。クイーンの大ヒット曲“WE WILL ROCK YOU”がオープニングから盛大にかかる、この熱血史劇で、主人公に敵対する悪役をこれ以上ないくらい憎々しげに演じていました。

 その「ロック・ユー!」でヒロインを演じていたシャニン・ソサモンは、本作でジャック・ブラックの浮気な恋人を演じています。若く見えますが、一児の母です。

 劇場公開時、女性客の感動を誘った老脚本家を演じたのは、イーライ・ウォラック
EliWallach.jpg

 このご老人は、ジェームズ・ディーンポール・ニューマンダスティン・ホフマンメリル・ストリープを輩出したニューヨークの名門演劇学校“アクターズ・スタジオ”の創設者の一人であり、オールド・ファンには、「荒野の用心棒」(1960年)の山賊の頭領、「続・夕陽のガンマン」(1966年)の実質主演の小悪党を演じた名性格俳優。今年で92歳になる、まさにアメリカの人間国宝のような人です。

 大スターだけでなく、助演クラスの俳優やベテラン俳優の顔と名前を覚えると、映画がより楽しくなりますよね。

それでは、また来月!

映画相談人小玉大輔(「シネマ倶楽部」2007年8月号)
スポンサーサイト



2007/08/01(水) | 映画の星座盤 | トラックバック(0) | コメント(-)

トラックバック

トラックバックURL
http://cinemanc.blog.fc2.com/tb.php/503-a7c08d7d
 |  HOME  |